ABOUT_AZEKURA

校倉について

校倉・森下の家具についてABOUT OUR FURNITURE

校倉・森下の家具について

「校倉」命名の由来

 時代を超えて末永く愛されるような家具造りを目指し、伝統ある駿河指物の匠の技受け継ぐ森下木工所の理念を、奈良正倉院の宝庫に代表される『校倉造り』に重ね見て「家具屋校倉」と命名させていただきました。

 校倉造りの構造は、材木の豊富な地域で生まれた丸太組の造りが次第に洗練されたもので、日本には上代から中国から寺院建築などと共に伝わったと考えられます。

 一般には高床式で、材木は三角材または角材の角を平らに削り落として積まれ、類似の構造はアジアやヨーロッパの各地にもありますが、日本では角材や板を組んだものが弥生時代の遺跡の倉や、神社や民家の倉に使われました。

 正倉院の宝庫内には、色鮮やかな織物から釘に至るまで、当時の工芸文化の多岐にわたり、数万点にも及ぶ優れた収蔵品が大切に保存され、それら全てが洗練された手仕事の素晴らしさを、悠久の時を越えて今に語り伝えています。

 これら先人たちの匠な技のように、私共森下木工所も受け継いだ伝統の技を一層練磨し、時代を超えて皆さまに愛されるような、家具造りに情熱を注いでいます。

指物技術に精魂込めてTHOUGHT

指物技術に精魂込めて

技で語り、心で削る手造りの家具
指物技術に精魂込めて - 森下の家具づくり

 木と対話し、愛情を持ってひと削り、ひと削り、決して無理をせず丁寧に仕上げていく。

 木のあらゆる性質を知り尽くした熟練の職人だけに出来る伝承の指物技法森下の手づくり家具は家具職人の妥協を許さない確かな技と蓄えられた経験、そして心に秘めた情熱を家具に託します。

 丁寧な仕事でお客さまに喜んで頂けることを何より誇りとしています。

森下の家具づくりの詳細はこちらからご覧ください。

森下の家具づくりの詳細はこちらからご覧ください。

暮らしと家具LIFE STYLE

暮らしと家具

本物を見極める感覚を持つこと

私たち日本人の暮らしはいつの間にか本来あるべき姿を忘れ、安易に便利さや流行ばかりを追いつづけた結果、無機質な使い捨て商品といってよい物ばかりに囲まれて生活しています。

そこではなによりも大切な心の豊かさや真の安らぎは少しも実感できません。家具をはじめとする生活に必要な道具たちは、家族構成、住まい方や暮らし方、そしてそれぞれの志向や好みに合った愛着の感じられるものであるべきだと考えます。

お気に入りの家具と出会い、理想とする生活空間を創出して、心を見つめるゆとりのひととき。

先人たちは、そんな時間を大切にしてきたからこそ、日本の素晴らしい精神文化が育まれ、現代に伝えられてきたのです。

様々な物や情報があふれる時代だからこそ、暮らしの中であらためて自分らしさを大切にし、心の豊かさを育んでゆくこと。それが本物を見極める感覚を持つことにつながるを考えます。

イベントEVENTもっとみる

ショールームSHOW ROOM

家具屋校倉ショールーム

家具屋「校倉」ギャラリー

〒422-8046 静岡市駿河区中島2811番地
TEL 054-286-8532 FAX 054-286-8523
営業時間 9:00~18:00 定休日 第1・3水曜日

このページのトップへ