明けましておめでとうございます。

皆様には、健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます
また、日頃から温かいご愛顧を賜り心からお礼申し上げます
本年も職人・スタッフ一丸となり末永く愛される家具造りを信条に尽力して参ります

2020年も宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社森下木工所/直営店 家具屋校倉(あぜくら)

代表取締役 栄田 俊

職人・スタッフ一同

 

ロッキングカード.jpg

森下木工所の家具をご購入のお客さまは、50代、60代、70代のお客様が大半です。

一方で少しお若い世代、30代から40代初めの方が「長く使うものだからいいものを」とご購入、そして少しずつ揃えてくださるお機会が増えてきました。

 

静岡市駿河区のT様ご家族もそのうちのひと組。

 

最初は、ごろっとできるような半ベットになる「ごろねべんち」を。

その後一昨年のご新築に合わせてダイニングテーブルを。いずれも山桜の明るい肌合いのものです。

 

sakura_LD.jpg

若いご家族様の場合は、お子さんが生まれたり、そのお子さんが成長してまたご来店ただいたりで、「一緒に暮らしていく、成長していく家族」を見せていただいています。

 

 

T様には、年明けにセンターテーブルを納めさせていただく予定。

ご家族の成長を垣間見せていただき、うれしい納品になります。

写真はダイニングテーブル納品のころ。T様に提供いただきました。

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

家具屋校倉ショップスタッフ

 

本日は静岡駅の街中の喧騒から一歩入った静寂の空間、徳川慶喜公ゆかりの場所、浮月楼さんに森下木工所の家具を搬入させて頂きました。

今回は、浮月楼さんのご厚意により期間限定で設置させていただく機会に恵まれました。

  

場所は、庭園を借景としたベストな窓際、レストラン浮殿のエントランスです。

 

浮月楼3.JPG浮月楼2.JPG浮月楼4.JPG

 

2月には森下木工所の顔のひとつ「ラウンジチェア」も設置予定です。年末年始に浮月楼さんにお出かけの際には、是非この空間をご覧ください。

浮月楼
〒420-0852
静岡県静岡市葵区紺屋町11-1
レストラン 浮殿
054-252-0131
営業時間
火 - 日曜日 10:00 - 20:00
(定休日:月曜日 / 夏季休業・年末年始・不定休日あり)

https://fugetsuro.co.jp

 

栄田 俊

本日は銀座で打合せの後、森下木工所のヤマザクラのシリーズの取扱を始めて頂いた、日本橋高島屋のjournal standard Furniture日本橋店に伺いました。
スタッフも興味津々で商品説明を聞いて頂き、これからの展開が楽しみです!

日本橋3.JPG桜の手許箱.JPG同時に同じ館の中川政七商店でスルガクリエイティブのメンバーが催事をやっていたので覗きに行ったら、染色の大石彩乃さんにばったり遭遇!

大石染.JPG

ギフトシーズンで何処のショップも百花繚乱、観ているだけでも楽しいですね。

日本橋2.JPG

東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋S.C.
https://baycrews.jp/store/detail/0971

栄田俊

 

 

aun-1.jpg

 

 

ステンドグラスの競演、始まります。

日 程 2019年10月31日(木)~11月12日(火)
場 所 家具屋校倉中島本店ギャラリー
時 間 10:00~18:00(最終日15:00まで)

 

3か月ほど前から、facebook,instagram.comに校倉のスタッフ紀子さんが取り組んでいます。

社長も更新に一役かってくださって、課題だったSNSに動きができてきました。

 

それぞれの文章や画像に異なった視点やセンスがでてスタッフ同士でも楽しくなります。

「社長のスマホは特別ですか?」

と聞いてしまうほど撮影の仕方や色の強弱が目を惹きます。

 

aun-2.jpgさあ明日 スタジオあうんの村上孝さん、加代子さんの搬入です。

 

幻想的な店内になりそうです。競演をどうぞお楽しみに。

 

 

aun-3.jpgaun-4.jpg

 

 

ぐっと秋が深まってきました。

今、家具屋校倉でそう思わせてくれるのは、気候・気温ばかりではありません。

10月31日(木)から開催する、スタジオあうん ステンドランプ展の作品の一部が

ちょっと早めに店内に灯されているからです。

 

s-DSC_0253.jpg

スタジオあうんさんは、村上孝さん・加代子さんご夫妻が伊豆高原に構える工房で

 

今年の5月、伊豆高原5月祭でその作品の魅力を知りラブコール。

今回ギャラリー展開催の運びとなりました。

 

寄木細工を取り入れたり、シリーズで製作している作品があったりとオリジナル性の高い

作品です。今回、森下木工所にもスタンド部分の製作依頼をいただきコラボ作品も数点。

 

s-DSC_0250.jpgs-DSC_0254.jpg

 

先取の秋の灯りを楽しみにご来店ください。

 

会期は 10月31日(木)~11月12日(火)(10:00~18:00 最終日15:00まで)

作家来場は 10/31(木)11/3(日)4(月・祝)9(土)10(日)12(火)

10:00~16:00

 

s-DSC_0256.jpg

 

 

rusutajio

「おあげさんのようなキツネ色」

浜田純理さんに初めて校倉ギャラリーで作品展をしていただいたときに、黄瀬戸のうつわのことをそう表現して説明してくれました。今でもそのことが印象に残り、お客さまにもご説明しています。

 

s-skumidashi.jpg

 

 

 

黒織部・織部志野・ビードロ釉・窯変とそれぞれの表情が豊かで、力強く、温かい。

今年もぜひ浜田純理さんの作品を手に取ってご覧ください。

 

s-hamada_utsuwa.jpgs-hamada_utsuwa2.jpg

 

 

2019年10月15日(火)まで 10:00~18:00(最終日16:00まで)

森下木工所家具屋校倉にて、本日より倉敷のMUNI CARPETSさんの販売会が始まりました。

職人の卓越した手作業で制作され、東洋が持つ最上の伝統美とモダンを融合したスタイルが、森下木工所の家具とのコーディネートが見れますので、この機会にぜひお立寄りください。

 

2019年9月21日(土)~29日(日)

10:00~18:00

家具屋校倉中島本店ギャラリーにて

21(土)・22日(日)・23日(月)はMUNI CARPETS スタッフが会場に常駐

 

深い天然藍を軸に天然染料で染めた上質な羊毛。踏み込むほどに使いこむほどに

しなやかにつやが増していきます。20年使用しているものを展示。質感を実感できます。

muni_ carpets_morihsita_azekura.jpgmuni_ carpets_morihsita_azekura2.jpgmuni_ carpets_morihsita_azekura3.jpg

 


 


愛媛県砥部町にある「もぐらの窯」から

三人の陶工の作品を校倉ギャラリーで展示しています

 

tobeyaki_2.jpg

 

池本惣一さん(池本窯)・・・クジラやとトンボなどど動きのある染付の茶碗やお湯のみ

二宮亮太(五松園窯)さん・・・猪口・白磁のシンプルなディナー皿が新作

佐々木智也さん・・・輪花皿とや小皿。焼き締めの小鉢も素敵。

_______________________________________

もぐらの窯は愛媛県砥部町にある登り窯です

薪の炎と熱い情熱で焼かれた作品からは陶工のロマンが溢れ______________________________________

 

 

tobeyaki_3.jpgtobeyaki_1.jpg

 

 

 

 

月別 アーカイブ

アイテム

  • sakura_LD.jpg
  • sakura_LD2.jpg
  • ロッキングカード.jpg
  • 日本橋2.JPG
  • 大石染.JPG
  • 桜の手許箱.JPG
  • 日本橋3.JPG
  • 浮月楼4.JPG
  • 浮月楼2.JPG
  • 浮月楼3.JPG

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203