aun-1.jpg

 

 

ステンドグラスの競演、始まります。

日 程 2019年10月31日(木)~11月12日(火)
場 所 家具屋校倉中島本店ギャラリー
時 間 10:00~18:00(最終日15:00まで)

 

3か月ほど前から、facebook,instagram.comに校倉のスタッフ紀子さんが取り組んでいます。

社長も更新に一役かってくださって、課題だったSNSに動きができてきました。

 

それぞれの文章や画像に異なった視点やセンスがでてスタッフ同士でも楽しくなります。

「社長のスマホは特別ですか?」

と聞いてしまうほど撮影の仕方や色の強弱が目を惹きます。

 

aun-2.jpgさあ明日 スタジオあうんの村上孝さん、加代子さんの搬入です。

 

幻想的な店内になりそうです。競演をどうぞお楽しみに。

 

 

aun-3.jpgaun-4.jpg

 

 

ぐっと秋が深まってきました。

今、家具屋校倉でそう思わせてくれるのは、気候・気温ばかりではありません。

10月31日(木)から開催する、スタジオあうん ステンドランプ展の作品の一部が

ちょっと早めに店内に灯されているからです。

 

s-DSC_0253.jpg

スタジオあうんさんは、村上孝さん・加代子さんご夫妻が伊豆高原に構える工房で

 

今年の5月、伊豆高原5月祭でその作品の魅力を知りラブコール。

今回ギャラリー展開催の運びとなりました。

 

寄木細工を取り入れたり、シリーズで製作している作品があったりとオリジナル性の高い

作品です。今回、森下木工所にもスタンド部分の製作依頼をいただきコラボ作品も数点。

 

s-DSC_0250.jpgs-DSC_0254.jpg

 

先取の秋の灯りを楽しみにご来店ください。

 

会期は 10月31日(木)~11月12日(火)(10:00~18:00 最終日15:00まで)

作家来場は 10/31(木)11/3(日)4(月・祝)9(土)10(日)12(火)

10:00~16:00

 

s-DSC_0256.jpg

 

 

rusutajio

「おあげさんのようなキツネ色」

浜田純理さんに初めて校倉ギャラリーで作品展をしていただいたときに、黄瀬戸のうつわのことをそう表現して説明してくれました。今でもそのことが印象に残り、お客さまにもご説明しています。

 

s-skumidashi.jpg

 

 

 

黒織部・織部志野・ビードロ釉・窯変とそれぞれの表情が豊かで、力強く、温かい。

今年もぜひ浜田純理さんの作品を手に取ってご覧ください。

 

s-hamada_utsuwa.jpgs-hamada_utsuwa2.jpg

 

 

2019年10月15日(火)まで 10:00~18:00(最終日16:00まで)

森下木工所家具屋校倉にて、本日より倉敷のMUNI CARPETSさんの販売会が始まりました。

職人の卓越した手作業で制作され、東洋が持つ最上の伝統美とモダンを融合したスタイルが、森下木工所の家具とのコーディネートが見れますので、この機会にぜひお立寄りください。

 

2019年9月21日(土)~29日(日)

10:00~18:00

家具屋校倉中島本店ギャラリーにて

21(土)・22日(日)・23日(月)はMUNI CARPETS スタッフが会場に常駐

 

深い天然藍を軸に天然染料で染めた上質な羊毛。踏み込むほどに使いこむほどに

しなやかにつやが増していきます。20年使用しているものを展示。質感を実感できます。

muni_ carpets_morihsita_azekura.jpgmuni_ carpets_morihsita_azekura2.jpgmuni_ carpets_morihsita_azekura3.jpg

 


 


愛媛県砥部町にある「もぐらの窯」から

三人の陶工の作品を校倉ギャラリーで展示しています

 

tobeyaki_2.jpg

 

池本惣一さん(池本窯)・・・クジラやとトンボなどど動きのある染付の茶碗やお湯のみ

二宮亮太(五松園窯)さん・・・猪口・白磁のシンプルなディナー皿が新作

佐々木智也さん・・・輪花皿とや小皿。焼き締めの小鉢も素敵。

_______________________________________

もぐらの窯は愛媛県砥部町にある登り窯です

薪の炎と熱い情熱で焼かれた作品からは陶工のロマンが溢れ______________________________________

 

 

tobeyaki_3.jpgtobeyaki_1.jpg

 

 

 

 

昨日は「気まぐれ籠や 小澤明子と籐かご展」の搬入日。

作家さんが来ていただける企画ばかりではない中、翌日は金沢に

行く予定の忙しいところを、小さな車にかごを積んできてくれた小澤明子=accoさん。

「きました~」と明るい声で。

 

acco_kago_azekura.jpg
籐編みにはいろいろあるのですね。材料自体もいろいろ。籐の芯部分をつかう丸籐、

皮部分は皮籐、平たい平籐など。

↓このかごは北欧の材料で北欧の編みかた。

 

acco_kago _yanagi.jpg

 

新作の平籐のかご?? 小さいのはスマホとお財布位を入れて軽快に。

大きい方はA4の書類なんかもはいるもの。「新作売れるといいけど・・・」とaccoさん

acco_kago_hirato.jpg
acco_kago_.jpgacco_kago_ajiro.jpgまあ搬入がこんなに楽しかったのも久しぶりでした。

 

作家さんから作品の説明をうかがって、作品への思いを知って、いいスタートが切れそうです。

「急に女性率高くなった??」

 

森下木工所・家具屋校倉に、今年の6月、7月に新しいスタッフが入社しました。

経理・総務のDさん、家具屋校倉のスタッフとしてMさんです。

 

「新しい」ことを日常のなかで始める、見つけるというのはなかなか難しいのですが

今、人が運び込む「新しい風」を感じています。

 

2人の入社をきっかけに、工場の職人さんとお店のスタッフみんなでお昼ごはんを

たべることを提案してくれた職人さんがいて、仕事をはなれた(もちろん仕事の話はあがりますよ)ちょっとした会話からお互いの人柄に触れる機会が増えました。

 

Dさん、Mさんともに電話対応が自然。初めてのお客さま、取引先、関係者にも、会話をしながら対応してくれています。わからない内容になっても、聞き取りながらメモを上手にとって、、、勉強になります。

 

Dさんは、これまでの経理の仕事をパソコンへの切り替え、きっとこの1か月引き継ぐ仕事がいっぱいで大変だったことと思います。

MさんはSNS対応に手を挙げてくれました。ずっと課題だったネットを通じた情報発信に風穴があき、Mさんの目にとまった商品や職人さんの動向が発信され始めています。

 

インスタグラム https://www.instagram.com/morishitawood/

facebook          https://www.facebook.com/MORISHITAWOOD/

 

2人のアイディアで始めること、変わることもあるでしょう。

新しい風がきっと良い方向にふくと感じています。

どうぞ、新スタッフよろしくお願いします。

 

 

 

今年の2月、富士パークホテルさんでの展示会で声をかけてくださったH様ご家族。

 

数か月のちにお電話をいただき、2200幅のダイニングテーブル・椅子7脚をご注文いただきました。

 

特注サイズなので少々お時間をいただきましたが、8月5日納品となりました。

 

IMG_6507.JPGIMG_6505.JPG

☆頼もしい2人が納品のお手伝いしてくれました☆

 

 この写真から想像するに・・・賑やかく会話の弾む大家族の食卓。

 

家族が顔を合わせて時間を過ごす大事な場所。

 

森下木工所のテーブルを選んでいただいたことに感謝しています。

 

 

静岡駅「ASTY」東館リニューアルに伴い、2019年7月11日オープンした天ぷら酒場 ゴロー

は地元浜松の企業アップハート様が運営しているお店です。
テーブル席用「楕円スツール」26脚、「カウンタースツール』9脚を納めさせていただきました。
おいしい天ぷらに舌鼓を打ちながら、座り心地を体験してみて下さい。

 

楕円スツールの詳細 ご購入はこちらへ

 

 

 

月別 アーカイブ

アイテム

  • aun-4.jpg
  • aun-3.jpg
  • aun-2.jpg
  • aun-1.jpg
  • s-DSC_0256.jpg
  • s-DSC_0254.jpg
  • s-DSC_0250.jpg
  • s-DSC_0253.jpg
  • s-hamada_utsuwa2.jpg
  • s-hamada_utsuwa.jpg

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203