2010年9月アーカイブ

 

morihsita-3.JPG

 

9月に入り、特注で製作をさせていただいた森下木工所の家具を納品に伺う機会が続いています。その中でも印象的だったのは、M様からご注文下さったお嬢様の婚礼用の家具でした。
製作した整理だんす・クローゼット・ドレッサーは、木地色(木そのものを活かした仕上げ)でお部屋が明るく、お嬢様の頬もふわっと明るくなるほどです。

昨年、7月に下のお嬢様の婚礼にと製作させていただいた落ち着いた校倉色と比べても
それぞれのよさがありますね。
違いのないのはお嬢様に対してのM様の気持ち。お話しをされている様子を間近にして
今年も、こちらまで心がジ~ンとしてしまいました。

お嬢様ご夫婦の笑顔の近くにいつも森下の家具があることを心から願っています。
ご結婚おめでとうございます。

製作者:篠原史生

 

morihsita-1.JPGmorhista-2.JPG★実は、納品させていただいた家具の一部に不具合があり、M様お嬢様にはご迷惑と不愉快な想いをさせてしまう、という出来事がありました。

製作にあたる職人・製品そのものだけではありません。お店でまた電話で対応するスタッフも、特別な思いを託してご注文いただくお客様に「森下木工所の職人さんに、校倉さんで頼んでよかった」と感じていただける様な対応を心がけたいと思いました。

 

森下木工所には、タタミベットが2種類あります。
たたみベット釘や金具を一切使わないもう15年以上前から製作しているもの、もう1つは
全体をひと回り小ぶりにしたもの(寝るスペースはほとんど変わりません)。
どちらも、10センチ厚の本畳をすのこの上に乗せていて、通気性のよさ=快適な睡眠は
折り紙つきの自信作です。

本当に暑かったこの夏、一人の職人さんが「校倉たたみダブルベット」の製作に汗を流しました。これまでダブルベットをご希望の方には「いずれ別々に寝たいときも来ますし・・・」とシングル2台をお勧めしてきたので、純粋なダブルベットは初めてに近いご注文。

2メートル以上の材料と格闘して完成したのが、このたたみダブルベット。
大きさや立派なつくりが伝わるでしょうか。

 

 

tatatmiW.jpgご注文は東京のお客様で直接お会いする機会はありませんが、このベットが収まるゆったりとした寝室があって、いつまでもご一緒に布団に入る仲の良いご夫婦なのだろうな。

 

と想像しています。

特注校倉たたみベット ダブルサイズ
W約2,300xD約2300XH540(SH360)mm
参考価格:¥630,000(税込)

定番の校倉たたみベットはこちらをご覧ください

昭和9年生まれの青野熊吉さんは、15歳で家具職人の道に入り今年でこの道60年を迎えられました。その青野さんとお弟子さんの作品展「家具指物師 青野熊吉と弟子たち創作家具展」に今日行って来ました。

CIMG5739.JPG60年という長い職人生活を紹介する空間もあり歴史を感じます。その中でも目を惹いたのはお弟子さんの奥様の撮影した、"深いしわの刻みこまれた青野さんの手"の写真。

CIMG5740.JPGCIMG5747.JPG青野さんは、静岡の産業として鏡台が最も評価された時代に技術を磨かれてきました。
家具の印象を変える品のいい面取りや彫りを施す仕事がお好き・・・そんなお話を伺ったのも初めてのこと。
ご自身のお厨子・お仏壇などの作品はもちろん、その技術を継承したお弟子さんの作品を見て、青野さんの技術と親方としての厳しさを感じ、思わず鳥肌が立ちました。

★ 展示会は14日(火)まで。
★ 会場 しずぎんギャラリー四季
静岡市葵区追手町1-13 アゴラ静岡7階 054(250)8777
★    時間 午前10時 ~ 午後5時

静岡市伝統工芸技術秀士 青野 熊吉
平尾 幸男(平尾木工所)大谷 友彬(大谷家具製作所)吉永 和也(青野木工所)
大槻 真輝(大谷家具製作所)
 
青野熊吉さんは、森下木工所の先代森下茂親方と同じ遠州出身。昭和34年からは2年ほど森下木工所で修業されたのち、青野木工所として独立をされてた職人さん。森下の職人さんも青野さんに技術をご教授いただきお世話になっています。

すろーらいふ-1.JPG8月11日に撮影をした静岡密着フリーペーパー『すろーらいふ』が発刊されて10日ほど。ご覧いただいた方いらっしゃいますか?

「仲良く肩を組んで」「手をもっと上げてください」
普段の仕事中にははいウェブインのスタッフさんからのリクエストに戸惑いながら、
でも楽しみながらの撮影が功を奏したかな・・・?
すろーらいふを見て「この職人さんたちに会って見たい」と思っていただけたら大成功です。
大浜は夏だけと思っていた皆さん。
大浜街道沿いには年中無休の魅力的なお店やサービスがありますよ。

本文は設置店で手にとって、またすろーらいふのホームページ『ちょっとだけ読む』からもご覧いただけます。
すろーらいふー2.JPG 

外観.jpg「涼しくなりましたね。」そろそろそんな挨拶を交わしたいものですね。

校倉のブログも猛暑のため?長い夏休みをしてしまいましたが
9月になってお店の衣替えをしたのでご報告をしながら復活します。

家具屋校倉中島本店のお店には、大きなのれんをかけています。
春は萌黄色・6月から8月は藍色でしたが、9月1日からは柿渋染めの茶になりました。
ざっくりとした生地に煉瓦色に近い明るめの茶は、秋への踏み出し・・・の感じがします。

大通りから横道を入ったところにあるお店なのでご来店の際には目印にしてくださいね。

写真のチェア
校倉リビングチェア2人用(木地仕上げ)
W1500×D680×H850(SH380)\241,500(税込み)

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203