2011年5月アーカイブ

 

glass_top_table1.JPG

焼津の柳屋本店ギャラリーでのコラボ展からもう1ヵ月。
森下木工所の職人さんたちの作品を紹介する機会を逸していました。
少しずつご紹介します。

今回の展示会でアーティスト・職人の皆さんのとりまとめをしてくれたのは佐藤綱男くん。
普段は、体格の良さを活かし比較的大型のチェストやサイドボードなどを製作する一方、厨子・仏壇は佐藤くんの専門といっていいくらい力を入れて取り組んでいます。
繊細な仕事もできる職人さんということです。

このガラストッププレートのテーブルは、スナゲリー杉山さんの生花を瑞々しいままリビングで楽しめるように考えたもの。バラの花の鮮やかさがどの方向からでも楽しめるデザイです。あぜくらごろねベンチでのおしゃべりにも華やかさが加わりました。

 

 

glass_top_table2.JPG

佐藤くんの製作したものは、普段森下木工所の仕事としてはないタイプのものばかりで、コラボのパートナーを引き立て・活かす素敵な作品でした。

製作者:佐藤綱男
サイズ:W1000×D450×H500
コラボ参考価格:115,500円(税込)

 

 

DSC_0842-5.jpgネストテーブル 
材料:桜材 塗装:エコオイル
参考価格:¥94,500
製作者:根木正哉


ネストテーブルってご存知ですか?

 

柳屋ギャラリーで開催した Shizuoka Collabo展で根木さんが製作した家具の名前。
それまで「ネスト=入れ子式」だということを知りませんでした。
ベットサイドにスマートに置けますし、玄関先やリビングにディスプレイ棚のように
使ってもいい。

DSC_0817.JPG

DSC_0818-2.JPGつまみが陶器のナイトテーブル、Nijiiro-スツールなど、根木さんらしいセンスの光る家具がぞくぞく校倉の展示場を彩っています。

maeda-1.JPG家具屋校倉中島本店ギャラリーは明日から「前田直紀陶展」今日は作品の搬入日でした。
前田直紀さんは藤枝市在住の陶芸家。
初めての薪窯(穴釜)作品の披露目です。

前田さんは初めてお会いした時から、会うたびに印象が違うんです。
帽子?ひげ?めがね?服? 確かに身に着けているもの自体がちがうのもありますけれど
前田さん自身の柔軟さや奥深さが印象の違いに表れているみたい。
陶の作品にもその人柄がでています。
maeda-5.JPG今日もスポットを直したり作品名をサササツーと筆ペンで書いたりスマート。
奥様と一緒に撮らせてもらった写真は柔らかい表情です。
maeda-4.JPG花活けに柳屋ギャラリー「Artist×職人 Shizuoka-collabo」でご一緒したsnuggery(スナゲリー)の杉山雄右さんが駆けつけてくださって、素敵な会場になりました。
maeda-3.JPG

maeda-2.JPG

前田直紀さんのブログはこちら
snuggery(スナゲリー)のブログ(スタッフの中村くんの写真いいですよ)

onngakukai-1.JPG5月3日(日・祝)家具屋校倉で4回目の音楽会を開催しました。
今回は初めてのメンバー、女性3名のクラシックコンサート。

≪Les papillon≫ レ・パピヨン ~蝶々達~
山中雅代(ソプラノ)・和佐祐子(ピアノ)・原佳乃(フルート)

山中さんは時々広告の掲載をお願いしている"リビング静岡"で校倉を担当してくださっている方。「実は本業は他にありまして・・・」と伺ったのが今年の始め頃でした。
本業・・・それがソプラノ歌手。そういえば、山中さんの声は日頃から素晴らしくきれいで響くし、いつもハイヒールにタイトなスカートを格好良く着こなし、姿勢が抜群に良い。ただ女性っぽいのではなく芯の通った方という感じでした。

会場は約40名の方の来場でいっぱいでしたが、和佐祐子さん・原佳乃さん・そして山中雅代さんの音楽とおしゃべりを楽しんでいただけた様子。「クラシック・だけでなくジャズ・ボサノバ・日本歌曲を織り混ぜましょう」という3人からの提案が良かったのだと思います。

3人のハーモニーはもちろん素敵でしたよ。

ご来場の皆様、演奏してくださった方々に感謝です。ありがとうございました。

 

onngakukai-2.JPG

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203