2012年5月アーカイブ

この記事はもう3年半前に職人の佐藤さんが製作した厨子型仏壇を紹介したものです。

時間が経っている分、その後この職人さんがしてきた仕事や、その成長ぶりを見ることができます。S寺様に納めたこの仏壇製作がその成長に一役かっていると改めて感じています。

今では、仏壇と言ったら佐藤さんです。

 

*****************************************

  2009年2月

家具にはお客様と同様に、製作する職人もそれぞれに思い入れやエピソードがあるものですが、このお仏壇は、製作した職人さんにとっては特別な仕事のひとつでしょう。 

懇意にさせていただいている静岡市葵区S寺様から仏像を納めるお仏壇の製作をご依頼いただき、職人の佐藤綱男くんが担当することになりました。 

 

すべて無垢材の欅。仕上げは拭き漆仕上げ。 

 

soriniji-3.JPGsorinji-1.JPGsorinji-2.JPG

 

緊張の連続だったこの仏壇製作をきっかけに、職人さんは腕を上げ、その後の仏壇や厨子型仏壇製作に取り組むようになりました。腕のある職人は、その時確実に出来る仕事ばかりではなくて、その技術を超える課題を与えられて 一層技術を磨いていくものなのでしょう。 

 

このようなお仏壇の製作は数年に1度あるかどうかの貴重な機会。勉強の為に2本製作させていただきました。現在も家具屋校倉でご覧いただけます。

 

特注 厨子型仏壇

材料:欅無垢材 塗装:拭き漆仕上げ

製作者:佐藤綱男 塗装:佐野哲也

 

 

 

2012年シズオカKAGUメッセに向けて、職人さんは家具製作に最後の追い込みの毎日です。

 

customLogo.gif-thumb.png

 

 

ロングセラー「校倉シリーズ」 木の質感が感じられる「こだちシリーズ」

そして、素材と技術を贅沢にいかした 「Azekura Selection」とご覧いただける工夫を

職人さん主導で進めて来ました。

 

展示会の資料にと、森下の家具をお求めいただいたお客様や家具の写真など整理していると、

沢山あるんです。素敵な家具やエピソードが。遡ってみると家具と一緒に職人さんの成長も

垣間見ることができます。


シズオカKAGUメッセの一般公開日は 6月9日(土)10(日)です

 

 

一昨日、社長は一日かけて掛川・牧ノ原・島田・藤枝と納品や修理ご依頼の対応に走り回っていました。

 

その中のひと家族、掛川のN様は十数年にわたってお付き合いのあるお客様です。

きっかけは、静岡駅構内の駿府楽市でN様が森下木工所の家具をご覧になったことだそうで、その後 お嬢様のご結婚に際して家具を造らせていただいたり、ダイニングに小さめのテーブルと収納を兼ねたテレビ台を、お孫さんが来たときに活躍する丸ちゃぶ台をと、N様のご家族の暮らしの変化と共に家具をお求め下さったそうです。

 

そんな話を奥様が入れてくださったお茶飲みながらゆっくりと、お互いに懐かしそうに話ができる関係って、他にはあまりないように思います。

 

「自分達で、造って・売って・納めてるからこそだな。いい仕事だな。」

一昨日も社長はつぶやいていたかな。

5月10日(木) 校倉手造り家具展の呉服町会場の搬入が済み展示会が始まりました。

今回は 愛知県知多半島で牧場跡地のサイロを工房にしている「ガラス&陶工房ワークショップジャム」さんとの共同開催。お天気はなかなか安定しませんが、ガラスの爽やかな表情に「初夏」を感じる清清しい会場となりました。

森下木工所の職人たちの造った家具とともにお楽しみいただけると思います。ご来場お待ちしております。

特注家具や修理・椅子生地の張替えなど、家具についてのご相談もお気軽に。

gofukucy_DM.jpg

gofukucyo-1.jpggofukucyo-2.jpggofukucyo-3.jpg

『校倉手造り家具 呉服町展』

★特別展示★ 牧場の跡地に立つガラス&陶工房『ワークショップ・ジャム』

期間:2012年5月10日(木)~5月15日(火)

10:00~19:00(初日13時から/最終日16時まで)

会場:静岡市葵区呉服町2-5-6 谷島屋書店隣

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203