2014年5月アーカイブ

hida_TV.jpg

四日市 ヒダ家具店さんとは長いおつきあいです。

今年まだ寒いころからヒダさんのお客様の特注テレビボードのお話をいいただいていました。

琉球畳に市松柄の障子。それだけで施主様のこだわりが察せられます。

この写真はヒダ家具店さんが送ってくれた一枚です。工場で見ていたときの数倍素敵。

施主様への感謝はもとより、施主様の好み、ご要望を的確に製作側(森下木工所)へ伝えて

くださったヒダ家具店様へも感謝です。今後ともよろしくお願いいたします。

 

製作者:根木正哉

 

hida-2.JPG

 

hida-3.JPG

hida-6.JPG

hida-5.JPG

 

今日は、伊豆稲取在住の流木家具作家の八代繁広さんが、森下木工所で作業をして

くれました。チェーンソーを操って仕上げていく作品は森下の職人さんたちの

指物仕事とは違う魅力があります。

家具としては向かない変形した材料も曲線をうまく生かされて、面白味のある家具になっていくんです。今日はテーブル造り。

yashiro-1

yashiro-2八代さんと社長のコンビで、明日明後日の作業でどんな家具ができるか楽しみです。

『川越タンス店』

森下木工所で修業をした沖成哲太郎さんが昨年開業した木工所です。

沖成さんは、森下木工所の修業後、出身地の埼玉で桔梗屋箪笥店(桐専門)に就職。

その後塗装の勉強、大谷家具製作所(千葉県長生郡)でお仕事をされてきました。

 

その沖成さんから、特注の欅チェスト用の材料の件で森下木工所へ相談があり、社長と工場長が良い杢目の材料を探して送ったのが2カ月ほど前です。

 

★kawagoe_3.jpg★kawagoe_1.jpg

 

きれいに仕上がったチェスト。今日写真が送られてきました。静岡の家具造り、森下木工所に

携わった職人さんがこうして良い仕事をし続けてくれることが何よりのこと。社長も満足そうです。

 

 

川越タンス店

〒355-0361 埼玉県比企郡ときがわ町桃木13-2

電話/FAX: 049-365-5570

受付時間: 平日 AM 9:00 ・PM 5:00

 

家具を造っている現場 工場の中を校倉のスタッフが撮影してくれました。

職人さんといえば「寡黙」「頑固」なんてイメージもあるかもしれません。

もちろん仕事中は「黙々と」はですが、いえいえみなさんお話好きです。(お酒が入ると更に)ただ、カメラが向けられると恥ずかしそうにして、硬直してしまうので今日は引き気味にご紹介です。

 

写真撮影 西澤充子

工場‐1.JPGのサムネール画像①工場に入ったところ 工場‐2.JPG②一階の機械作業中
DSC_0167 よし子3.JPG③練り場で作業 前田さん 工場‐4.JPG④サンダーをかけてます 新人山内さん
DSC_0166 佐藤1.JPG⑤ゆびぬきケース入れ製作中 佐藤工場長 工場‐3.JPG⑥突板を練っています 根木さん

4月30日大安、御殿場市のS様のご自宅に欅の一枚板ダイニングテーブルを納品させていただだきました。

keyaki_table.jpg

欅の生命力を感じる自然形状のダイニングテーブル。使いむほどに漆に艶がでて、一生もの、いえ代々の宝物になる逸品です。

 

あるお客様は毎朝トレーニングのごとく天板をキュッキュッを素手で磨いているんですって!!

 

このテーブルも可愛がってもらえますように。

 

 

 

 

 

 

 

keyaki_3.jpg

keyaki_2.jpg

 

参考価格

1,200,000円(+税)

材料:欅(樹齢約250年 岐阜県産)

塗装:拭き漆仕上げ

 

職人:松本 巧 漆塗り:佐野哲也

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203