2017年3月アーカイブ

広く天井の高い空間に、森下木工所の職人が製作した家具と櫻井朱實さんのいろいろな

表情の書が並んだ空間。静岡県立美術館の展示会は、特別感がありました。

IMG_3165.jpg

 

いつも身近な家具も”きりり”と見えたりして少しよそ行きの顔をしていました。

職人がいつもこういう仕事をしてくれていることを身内ながら誇らしく思うのでした。

 

 

 

IMG_3158.jpg

 

櫻井朱實さんは体格が小さな女性です。力強い作品をみると、櫻井さんの中にある

エネルギーを感じ、墨のアートパネルでは書にとどまらない柔軟な発想にふれることになりました。

 

IMG_3157-2.jpg

 

 

 

1500名以上の方にご高覧いただきました。ありがとうございました。

3月14日から始まる、木組みの家具展(静岡県立美術館県民ギャラリーA室)にむけて

明日は搬入です。展示会の中で一番広い会場ですから、森下木工所・家具屋校倉で

職人が製作している家具のほとんどを展示します。

 

展示にご協力いただく櫻井朱實さん(島田市在住)とは長いおつきあいですが、今回の作品は明日会場で初対面です。

先駆けで拝見している書は2点。展示作品ではなくて、テーマの『調和』の文字と

会場入り口に貼るポスター用に書いて下さった『木組みの家具展』のタイトル。

 

もうこの書を見ただけで、櫻井さんの躍動感とアート性のある書への期待が高まります。

ちなみに『調和』は、背景の薄墨が書を、調和の文字そのものが、家具をイメージしてるんですって。

調和.jpg校倉スタッフ

 


 

 

 

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203