日々の出来事

東名御殿場インターにほど近い「Okuraギャラリー」カフェ&雑貨を1階、2階がギャラリーになっています。森下木工所・家具屋校倉の家具展示会と桑嶋よしみさんの絵画展を現在開催しています。Okuraギャラリーさんには今年2回目。お世話になります。

 

IMG_4013.jpgIMG_4012.jpgのサムネール画像

 

 

回廊状になっているOkura=お蔵ならではのレイアウトで展示しています。

28(土)29(日)のお天気が気がかりですがお近くの方、御殿場に遊びにいらした方

是非寄ってくださいね。

 

IMG_4021.jpgIMG_4027.jpg

IMG_4040.jpg

日 程 2017年10月25日(水)〜31日(火)
場 所 Okuraギャラリー(オクラギャラリー) 御殿場市二枚橋22 TEL:0550-84-1131
時 間 10:00〜17:00(初日13:00開場・最終日16:00閉場)

 

暑かった夏もようやく遠のいて、気持ちのよき季節をむかえました。

静岡市清水区の株式会社小糸製作所さまから、社報「こいと」の表紙に

森下木工所の職人松本巧さんを、と御指名いただき撮影が行われました。

 

今日担当の方が刷りあがった「こいと」を届けて下さいました。

 

koito_matsumoto.jpgkoito.jpg

 

 

 

歴史のある小糸製作所らしい、すこしセピアがかった表紙には松本さんが曲線の美しい椅子を鉋で削る姿が。

ちょっと緊張気味かもしれませんが、日々木と格闘している(いつもカンナくずまみれです)様子や、

椅子職人として仕事をしてきた自信みたいなものが表情に出ていると思いました。

 

【一世一代のプロジェクト ついに完成❗️
8月某日、数年越しの巨大プロジェクトが完了致しました。

横浜の伊勢山皇大神宮創建150年記念事業の一貫、神楽殿、参集殿新築に伴う調度品製作の依頼を受けたのは3年前。5年前に納めたロビーの誂えで信用をいただいたのがそのきっかけ。こだわりの宮司の要求に応えるべく、此度はデザイナースタート。神楽殿に据える繧繝縁畳を使用した新郎新婦用の座、紋縁畳仕様の親族用の椅子及び席と席の間にバッグなどが置ける三連椅子と八足テーブル。参集殿用国産無垢山桜を使った2メートルのテーブル、鳥の子和紙とうづくり秋田杉を上下に配したパーティション、伝統柄「鶴岡間道」を背と座に配したスタッキングチェア。本来は絹織物である製品を、京都の龍村美術織物に1年を掛けて椅子向けに誂えてもらいました。
京都の一流織物メーカー、静岡の一級の表具職人、畳職人さらに我々木工職人。我がライフワークと言って良い、いい仕事させていただきました。

 

職人:松本 巧

 

参集殿1.jpg参集殿2.jpg参集殿3.jpg儀式殿1.jpg儀式殿2.jpg

 

 

保存

保存

【名作の修理再生】 こんな素晴らしい名品のrepair…貴重です

ハンス・ウェグナー初期の作品FH-4283 チャイナチェアの修理依頼が舞い込む。中国明代の椅子をリデザインしたこの作品は、何度も自身によるリデザインを重ね、その後の名作「ザ・チェア」「Yチェア」を生み出す礎となる。今ではこの2脚で乗用車1台は買えるであろうプレミアムな名作を、仔細に撫で回せるシ・ア・ワ・セ。

 

職人:松本 巧

 

20604590_1418917418187192_3724529242421060153_n.jpg20597232_1418917424853858_7627968284696853823_n.jpg20604445_1418917428187191_2934545719850086550_n.jpg20597170_1418917414853859_3600407663807301484_n.jpg

 

保存

保存

保存

校倉置棚 塗装部へ

校倉置棚の製作は、昨日から木地職人の山内君から塗装部へ。

佐野さんと出口さんが、工場の中でも一番暑い(湿気もすごいです)塗装場で作業しています。

 

校倉色と呼んでいるダークブラウンの塗装色は木目を引き立て、和にも洋にも合う万能色。

もともとの木の色や木目によって仕上がりの印象は変わりますが

いつも塗装(方法や着色)を一定に保っているのは、この2人の職人さんの

技術と連携があるからです。

IMG_3589.jpgIMG_3588.jpgIMG_3590.jpg

 

どの会社でも、店舗でも、その『顔』になる製品やサービスがあると思います。

その店舗に行けばいつも必ずあるものやそういう人です。

 

okidana.jpg

 

 

 

今、職人が製作している「校倉置棚」はそれにあたる家具だと思っています。

すっきりとした立ち上がり、ちょっと李朝風のデザインや真鍮の取手。

特徴はいろいろありますが、やはり前板の『如鱗杢』(じょりんもく)(その他 たまもく・ちぢみもくなど呼び方はいろいろあります)

とても貴重は材料を使った前板は、光沢を感じるほどの独特の模様目です。

 

校倉置棚は家具屋校倉の階段を途中まで上がったところに置いています。

数か月前、ちょっとしたタイミングで在庫がなくなったとき、

「あれ、いつものあの家具が今日はないね」とお客様同士が話しているのを耳にしました。

ほんの10日間くらいの事だったように思いますが、置棚はこの店舗や森下木工所の「顔」になっている家具のひとつだと感じました。

 

 

 

 

IMG_3520.jpg

 

 

ナチュラル仕上げのこだちシリーズが充実してきましたが、この置棚はまだまだというか

これからも変わらずの「顔」でいてくれでしょう。

 

職人の山内くんは、入社して2年と数か月。ここ4回程の置棚製作は山内くんが担当しています。今回はお客さまからの特注品も同時に製作中。そのうちこの家具の製作は彼に任せれば安心!になるのではないでしょうか。

 

保存

森下木工所・家具屋校倉の職人たちは、定番の家具・特注家具の製作の合間に

家具の修理や再生、リメイクもしているのです。

時々「そんなことまでやってくれるの?」と言われるほどです。

“時代を超えて末永く愛される家具造り”をモットーとしているからこそ

修理しながら大事に使い続けたいお客様の要望にも応えたいのです。

 

森下の製品はもちろんですが、他社製品もどのメーカーかもうわからなくなってしまったもの

でも、できる限りのことは。

 

具体的には テーブルの塗り直し、チェア・ソファの張替え、桐箪笥の再生

開き扉の兆番取替えなど。

 

2017年7月28日(金)〜8月10日(木)は特別相談会を開催。*8月1日(火)は休業

まずはお電話でも結構ですし、ご来店では平日なら職人が拝見しておよそのお見積りまでいたします。

 

お客様とのエピソードも

工場の職人たちの生き生きとした仕事ぶりもと

欲張ってしまいがちで、結局ブログ更新が長時間滞っておりました。

 

あまり欲張らず日々のことがお伝えできるようにと思っています。

さて、何からお話ししましょうか・・・

 

校倉スタッフ

 

広く天井の高い空間に、森下木工所の職人が製作した家具と櫻井朱實さんのいろいろな

表情の書が並んだ空間。静岡県立美術館の展示会は、特別感がありました。

IMG_3165.jpg

 

いつも身近な家具も”きりり”と見えたりして少しよそ行きの顔をしていました。

職人がいつもこういう仕事をしてくれていることを身内ながら誇らしく思うのでした。

 

 

 

IMG_3158.jpg

 

櫻井朱實さんは体格が小さな女性です。力強い作品をみると、櫻井さんの中にある

エネルギーを感じ、墨のアートパネルでは書にとどまらない柔軟な発想にふれることになりました。

 

IMG_3157-2.jpg

 

 

 

1500名以上の方にご高覧いただきました。ありがとうございました。

3月14日から始まる、木組みの家具展(静岡県立美術館県民ギャラリーA室)にむけて

明日は搬入です。展示会の中で一番広い会場ですから、森下木工所・家具屋校倉で

職人が製作している家具のほとんどを展示します。

 

展示にご協力いただく櫻井朱實さん(島田市在住)とは長いおつきあいですが、今回の作品は明日会場で初対面です。

先駆けで拝見している書は2点。展示作品ではなくて、テーマの『調和』の文字と

会場入り口に貼るポスター用に書いて下さった『木組みの家具展』のタイトル。

 

もうこの書を見ただけで、櫻井さんの躍動感とアート性のある書への期待が高まります。

ちなみに『調和』は、背景の薄墨が書を、調和の文字そのものが、家具をイメージしてるんですって。

調和.jpg校倉スタッフ

 


 

 

 

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203