納品の様子・納品例

【一世一代のプロジェクト ついに完成❗️
8月某日、数年越しの巨大プロジェクトが完了致しました。

横浜の伊勢山皇大神宮創建150年記念事業の一貫、神楽殿、参集殿新築に伴う調度品製作の依頼を受けたのは3年前。5年前に納めたロビーの誂えで信用をいただいたのがそのきっかけ。こだわりの宮司の要求に応えるべく、此度はデザイナースタート。神楽殿に据える繧繝縁畳を使用した新郎新婦用の座、紋縁畳仕様の親族用の椅子及び席と席の間にバッグなどが置ける三連椅子と八足テーブル。参集殿用国産無垢山桜を使った2メートルのテーブル、鳥の子和紙とうづくり秋田杉を上下に配したパーティション、伝統柄「鶴岡間道」を背と座に配したスタッキングチェア。本来は絹織物である製品を、京都の龍村美術織物に1年を掛けて椅子向けに誂えてもらいました。
京都の一流織物メーカー、静岡の一級の表具職人、畳職人さらに我々木工職人。我がライフワークと言って良い、いい仕事させていただきました。

 

職人:松本 巧

 

参集殿1.jpg参集殿2.jpg参集殿3.jpg儀式殿1.jpg儀式殿2.jpg

 

 

保存

保存

【名作の修理再生】 こんな素晴らしい名品のrepair…貴重です

ハンス・ウェグナー初期の作品FH-4283 チャイナチェアの修理依頼が舞い込む。中国明代の椅子をリデザインしたこの作品は、何度も自身によるリデザインを重ね、その後の名作「ザ・チェア」「Yチェア」を生み出す礎となる。今ではこの2脚で乗用車1台は買えるであろうプレミアムな名作を、仔細に撫で回せるシ・ア・ワ・セ。

 

職人:松本 巧

 

20604590_1418917418187192_3724529242421060153_n.jpg20597232_1418917424853858_7627968284696853823_n.jpg20604445_1418917428187191_2934545719850086550_n.jpg20597170_1418917414853859_3600407663807301484_n.jpg

 

保存

保存

保存

山桜の楕円スツール32本のご注文が入ったのは1月のこと。先方の納期希望は迫っていて、

木地職人4名の工場にとってはまとまった数で、余裕はあまりないとき。その時の工場長の「やるでしょ!」の表情に「やります」の返事をしたのでした。

 

納品先は東京で「大衆ビストロ ジル」を展開するジリオン(東京都品川区、代表取締役 吉田裕司氏)様。

新店舗「酒場シナトラ」の開店に合わせての納品です。

この店舗の設計・デザインを手がけたのは「カンメイオフィス」(東京都港区)様。

飲食店を主とした商業施設の企画・設計をされている設計事務所で、最初にご連絡いただいのも、代表の矢野寛明さんです。


山桜の楕円スツールは、無垢の山桜材をくぎなどを全く使わないで製作しているスツール。

清潔感があって、森下木工所で長く製作しているデザインです。納期に向けて粛々と製作・塗装している職人の様子は頼もしく、車に積み込まれたときはほっとしました。

2月4日、工場長と製作にあたった職人が東京まで車で配達して完了です。

店舗・公共施設などに納品できる機会はまだまだ少ないですが、今後増えるようにアンテナ高くいたいと思います。

 

shinatora.jpgのサムネール画像

 

 

その語、飲食店・レストランの”トレンド”を配信するフードビジネスサイト「フードスタジアム」でこのように紹介されています。このサイトをみて、納品したしたことを実感したのでした。

http://food-stadium.com/headline/18963/

 

 

  

 

 

まずはこの座卓を見てください。

 

keyaki_zataku2.jpg美しいでしょう?

この座卓は、森下木工所の職人 松本 巧さんのオリジナルブランド「Tab-tail」

ご注文いただいたお客様へ製作した特注品です。

「欅 三方留座卓 拭き漆仕上げ」

上質の材料と、三方留という組手、拭き漆仕上げ・・・と贅沢です。

でも、この座卓はそいう説明がなく、純粋に「美しい」と思わせる説得力がありました。

上質で品があって存在感がある。やはり贅沢です。

このお客様がどんな風にご注文いただいたのか、職人がどんな風に製作に臨んだかは
後日ご紹介します。

keyaki_zataku1.jpg欅三方留座卓 拭き漆仕上げ

830×830×高さ340

製作者 松本 巧(Tab-tail)

塗装:佐野哲也(森下木工所)          

 



 

保存

数年前、ご新築に合わせて校倉チェストをお求めいただいたお客様がいます。

その後も、ギャラリーの企画を楽しみながら(たぶん楽しんでいただけていると思います)

身の回りのしつらえを整える時に家具や木製品を少しづつ揃えてくださいました。

 

7月に「大きい家具は最後かも」とおっしゃって、校倉整理だんすの特別サイズをご注文下さってのです。

このお客様は、タモ材の校倉シリーズの中でも、ロングセラーの校倉仕様のデザインがお好み。

(意識していたわけではないようでしたが、購入された家具にはデザインに共通性がありました)

今回も、校倉らしい仕様で製作に決定!その工程を途中でご覧いただきながら製作し、10月中旬無事に納品となりました。

 

工程を少しご紹介します。

 

台輪(たんすの脚部分)

 

IMG_2311.jpg
本体を組んで固定しています

 

 

IMG_2325.jpg引出しを組んでいます(日本桐を使用)

IMG_2341.jpg

IMG_2349.jpg塗装中↑

 

納品の様子↓

 

seiritansu.jpg

 

 

ご新築やリフォームで家具一式をそろえてる方も、もちろんありがたいお客様ですが

「ゆっくりそろえていこう」のお客様は、その方の暮らし方や好みを察することができ、ご提案できることがあることを、このお客様に教えていただきました。

ありがとうございました。

 

製作者:職人 山内啓嗣

 

校倉スタッフ

保存

静岡市葵区のT様は、今年に入って森下木工所・校倉の展示会に何度も

足を運んでくれたお客様で、ソファをはじめ、リビングの家具をお探しでした。

 

それぞれの展示会で接客した職人やスタッフは「せっかくならば気に入った家具を、納得のいくものを」というお考えが伝わるお客様と共通の印象を持っていたのです。

 

先月ご注文いただいた家具は2回に分けて納品。本日はソファとオットマンをお届けしてすべて完了。男性らしいすっきりとしたリビングにくつろぎソファ3人用、オットマン・テレビボード・センターテーブルが揃いました。

(ソファとオットマンは特別仕様のタモ材。通常は山桜です)

 

 

tomono-2.jpgtomono-1.jpgT様がお仕事を終えて本当にリラックスする空間に、森下木工所の家具があると思うととてもうれしく追います。

ありがとうございました。


価格・詳細は下記
こだち くつろソファ3人用 \388,800
こだち オットマン(小) \49,680
校倉スミマルテレビボード \194,400
校倉センターテーブル(棚なし)  \129,600

 

 

 


 

 

こんにちは。

今月の12日まで開催していた「夏の感謝セール」には、多くのお客様にご来店をして頂きました。

職人が作る手作り家具に見て、触れて、感じて下さって皆様、本当にありがとうございました!!

 

量産での製造をしていない、家具メーカーならではのラインナップでお楽しみいただけたと思います。

次回は12月を予定。こちらのブログをチェックして、レア情報をゲットしてご来店くださいませ。

 

さて、本日はその時にお買い上げ頂いたサクラのローテーブルとクッションンボックスを納品させていただきました。

こちらの商品は、”週末低座生活”というキーワードで商品開発を行った時に生まれた、座卓サイズのローテーブルです。家族や友人たちが集まる絵を想像して低座という床に近い距離で過ごす日常が、快適なライフスタイルではないのか。。。と、製作者の想いが詰まった商品です。

 

さくら ローテーブル リビング.JPG焼津市にお住まいのY様邸に納品させていただきました。
以前から弊社の製品をご使用頂いているリビングは、製作サイドとしても感激するライフスタイルです^^
家具職人として生活を提案していくことが仕事でもある製作者達のイメージが、実際に目の前に展開されていると心から嬉しくてたまらない気持ちになります。

IMG_2113.JPGこれまでお使いの「天蓋付きTVボード」と「ごろねベンチ」もイイ感じに無垢材の味わいが出てきて、Y様もとっても気に入ってくださっていました。

お庭の芝生と素敵なガーデニング、自然光で明るいお部屋にはアンティークの作業台をテーブル代わりに置かれ、隣にはピアノと小さなサイドテーブル...。

 

憧れの住まい!

 

お客様に感謝と勇気を頂きました^^

 

鎌倉彫盆の仕上げ

昨日、鎌倉彫りのお盆の塗りをご注文頂いていたS様がご来店くださいました。

 

細かい彫りのお盆は「拭き漆仕上げ」にしました。

塗りたての時には「漆です!」という主張が強い感じがするのですが、時間がたつにつれて

ちょっと厚化粧に見えた漆が透いてきて、よい艶をましていくのです。

その変化についてはS様はよくご存じで、こちらも安心してお持ち帰りいただいたのです。

 

自然素材の木や漆は杢目や質感が使い方や時間による変化があるのも楽しみの一つ。

わたしもその良さがすこしづつわかって(実感として)来たように思います。

 

お客様からのアイディアでこの収納はうまれました。

洋服は引き出しかクローゼットに吊るすものと思いがちですが、静岡市T様ご夫妻は

前後にスライドする棚に洋服を重ねて収納するスペースを設けたいとのこと。

ぱっと見て何があるかはっきりしていて通気性も良い。店舗ではありそうですが

一般のご家庭ではあまりないですね。

スライドたんす①.jpg

 

本体に桟を設けて棚を乗せてスライドできるようにしました。←この動きがスムーズに

できるようにするのが課題でした。桟は滑りがよく、丈夫なチーク材を使用しています。

スライドたんす②.jpgスライドたんす③.jpg

 

この収納は左右をご夫妻で使い分けるそうです。特注ならではの収納。便利にそして

気持ち良くお使いいただけれはうれしいです。

 

●特注 収納たんす

W1800×D450×H900

材料:タモ材 塗装:ウレタン 色:木地仕上げ

 

製作者:職人 佐藤綱男

 

松坂屋静岡店での展示会を2週間後に控え、今回のテーマ「男のしつらえ」にぴったりの

家具の写真が出てきました。

 

2年前に納品させていただいたI様の両袖デスク。

タモの無垢材で久しぶりに立派なデスクを製作したことを思い出します。実は奥さま様の

デスクなんですが、このくらいのサイズや仕様にするのは男性が多いです。

 

作業の能率も上がりそうでしょ。


石川様両袖デスク.jpg



石川様両袖デスク②.jpg

製作者:根木正哉

特注校倉両袖デスク

材料:タモ無垢材 塗装:ウレタン 色:校倉色(ダークブラウン)

松坂屋静岡店

夏の家具・リビングフェア 校倉木組みの家具展

 

会期:6月17日(水)~23日(火)

会場:松坂屋静岡店 本館8階大催事場

 

森下木工所・家具屋校倉の家具職人の家具・木製品展示販売。

試作品・型一新のため一部商品は特価にて提供します

 

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203