白壁に映える 桐だんすの再生

手持ちの家具の修理再生のご依頼が増えています。

そのうちのひとつ「桐だんすの再生」「桐だんすの塗り直し」

 

本日伺ったのは静岡市内のお客様。家のリフォームをするという事で

食器棚や桐だんすのお手入れを承りました。

 

桐だんすは長年使っていると、どうしても空気の汚れや手の汚れがついたりします。

また柔らかい材質の桐はへこみやキズも出来てしまうので、森下木工所では

その汚れなどが目立たないように、着色をする塗装をお勧めしています。

今回は「なるべく明るめに」をご希望。その塩梅は塗装の職人 佐野さんの腕に

頼るところです。

リフォームの済んだお部屋はフローリングの一部を畳スペースにしており、白い壁と

新調したての畳の緑で清潔感があります。その畳の上に再生した桐だんすを置きました。

「横においてもいいかしら」と奥様の言葉で、一番上の部分は横並びに。

 

DSC_0019.JPG

 

白壁と畳スペースにぴったんこ。

 

思いきってやってよかったと言っていただける修理・再生の仕事。

森下木工所だからこそできる仕事のひとつです。

月別 アーカイブ

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203