ショップ案内

一緒に笑顔になりましょう


「このような時だからこそ皆さんにみていただきたい」

 

こうして始まった萩原礼子さんの陶人形作品展は

 

ファンの皆様、新聞をご覧いただいた方のご来場で笑顔の作品展になっています。

 

作品との対話、萩原さんとのお話がはずみます。

 

 

___________________________________________________

まあ!!素敵なシニアカップルあ20組も

素敵なペア.jpg素敵なペア4.jpg

 

 

萩原さんといえば...こどもたち

 

 

おるすばんできるもん.jpg

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

2月から徐々に広がり始めた新型コロナウイルス感染の広がりから3か月、地域によっては大きな影響を受け、生活が一変した方も多いと思います。森下木工所、直営店の家具屋校倉の稼働や営業は比較的通常通りさせていただきありがたいことです。

 

それでも、展示会やギャラリー展を皆様に積極的にお知らせすることは控えていたため,4月9日から15日の於浮月楼様での「新作発表会」/ 4月24日から5月12日の於家具屋校倉の「うつわ好きのうつわ展」はその会期を静かに終えようとしています。多くの皆さまにはご覧いただくことはかないませんでしたが、その様子を少しご紹介します。

 

 

d_table_tamo-1000x1000.jpg

どちらの展示会でも入口で構えていたのが「タモ一枚板ダイニングテーブル」。3メートル弱の長さがあり存在感はありますが、すんなりとした形状で無理がありません。

 

4本の脚と反り止めや抜きの位置などをに工夫をしてあり、座った時の足もとがひろびろしています。細部の画像はこちらをどうぞ。

 

「うつわ好きのうつわ展」はうつわ好きのお客様の多い家具屋校倉のお客様に,各作家さんの個展とは異なり、個性のある作家さんの作品を一度に楽しんでいただきたいと企画しました。

 

 

utsuwa_table.jpg

家食、宅呑み、家の中で家族すごす時間が長くなったこの3か月で、思いがけずうつわに関心を持たれた方も多いかもしれません。うつわでお料理も食卓の会話も充実するんです。 今回うつわ展にご協力いただいた (陶器)佐々木智也さん、佐藤仁志さん、二宮亮太さん、浜田純理さん、(ガラス)江本三紀さん、(漆器)川口屋漆器展さん ありがとうございました。

 

一枚板ダイニングテーブルは、しばらくの間家具屋校倉の1階に展示いたします。まだまだ外出を積極的にお勧めはできませんが・・・どうぞご覧になってください。

新緑の季節になりました。森下木工所には毎年飛来するつばめが忙しく子育てをはじめました。森下木工所の工場長の「人間以外はいつもの春です」というコメントを実感します。

 

森下木工所のオンラインショップは開設1周年記念&

今、お出かけのままならない毎日の生活が少しでも豊かになるようにと企画した期間限定のSALEを始めました。

 

森下木工所の木製品をお買い得にご購入できますので、オンラインショップ http://store.morishitawood.co.jp/をご覧ください。

 

onlineshop.jpg

 

うつわ好きのうつわ展.jpg2020年4月24日(金)~5月12日(火)

うつわ好きの集まる家具屋校倉。リクエストにお応えし、飯椀・取鉢・湯呑・カップ・急須の作品展を開催します。

 

黄瀬戸・黒瀬戸・砥部焼・侘び化粧の陶器・ガラスに漆器。

ちょっとよくばりなうつわ好きのためのうつわ展です。

 

● 陶器 (50音順敬称略)   
佐々木智也(愛媛県伊方町)佐藤久志(静岡県 静岡市) 二宮亮太(愛媛県砥部町)
浜田純理(岐阜県土岐市)
● ガラス 江本三紀(石川県金沢市)
● 漆器 川口屋漆器店(香川県さぬき市)

 

 

 

 

浮月楼様に展示していただく第2段。
ラウンジチェアのセットを納めさせていただきました。
場所はレストラン浮月の一階エントランス。
冬の木漏れ日の中、喧騒を忘れて優雅なひとときをお過ごし下さい。

ラウンジチェアについてはこちら

 

fugetsu_1 .jpgfugetsu_2 .jpg

4月にはさらに浮月楼様にて展示会を開催予定です。乞うご期待。

4月9日(木)~15日(水) ギャラリー館浮殿 1階ロビー/2階

 

〒420-0852
静岡県静岡市葵区紺屋町11-1
レストラン 浮殿
054-252-0131
営業時間
火 - 日曜日 10:00 - 20:00
(定休日:月曜日 / 夏季休業・年末年始・不定休日あり)

https://fugetsuro.co.jp

金沢市のガラス作家、江本三紀さんとお会いしたのは、秋の静岡市駿河区丸子。

丸子泉ケ谷 里山芸術祭

 

趣味やクラフトではなくて、プロのガラス作家として作品を作りたいということと、

その作品は日々の傍らにある、日常使いであってほしい。そんなお話を聞きました。

emoto.jpg

 

3月12日(木)から家具屋校倉で、江本三紀さんと、江本さんからご紹介いただいた

モビール作家ニシカワアヤコさんの作品展を開催する運びとなりました。急なお願いにも

かかわらずご快諾いただいての開催。ぜひ多くの方にご覧いただきたいです。


 

ニシカワアヤコさんのモビールは大人が楽しめる作品。モチーフも個性があって

飾るのがたのしみです。

 

nishikawa.jpg

same.jpg

1月18日(土)・26日(日)、森下木工所の直営店家具屋校倉でワークショップを開催しました。2月4日(火)まで店内で展示している吊るし雛を初めてとした「ちりめん布遊び」の特別企画。

各日6名の方がご参加くださいました。

 

 

chirimen3.jpgchirimen1.jpg

 

 

いつもは、展示台をだして作品や商品を展示している2階のギャラリーに、山桜の手ダイニングテーブルを置いて皆さんに囲んでいただきました。

講師2名の指導のもと、3時間で梅の花を完成しました。

 

ume2.jpg

 

家具屋校倉では、展示販売だけではなく店内をもっと広く皆さんに開放して使っていただけないか試案中。作品展の開催、今回のようなワークショップを定期的に行いたい方などにご利用いただければ・・・。)

 

森下木工所の職人が作った家具や木製品に触れたり、実際使ったりしていただく良い機会になればと思います。


校倉スタッフ

 

明けましておめでとうございます。

皆様には、健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます
また、日頃から温かいご愛顧を賜り心からお礼申し上げます
本年も職人・スタッフ一丸となり末永く愛される家具造りを信条に尽力して参ります

2020年も宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社森下木工所/直営店 家具屋校倉(あぜくら)

職人・スタッフ一同

 

 

ロッキングカード.jpg

 

 

aun-1.jpg

 

 

ステンドグラスの競演、始まります。

日 程 2019年10月31日(木)~11月12日(火)
場 所 家具屋校倉中島本店ギャラリー
時 間 10:00~18:00(最終日15:00まで)

 

3か月ほど前から、facebook,instagram.comに校倉のスタッフ紀子さんが取り組んでいます。

社長も更新に一役かってくださって、課題だったSNSに動きができてきました。

 

それぞれの文章や画像に異なった視点やセンスがでてスタッフ同士でも楽しくなります。

「社長のスマホは特別ですか?」

と聞いてしまうほど撮影の仕方や色の強弱が目を惹きます。

 

aun-2.jpgさあ明日 スタジオあうんの村上孝さん、加代子さんの搬入です。

 

幻想的な店内になりそうです。競演をどうぞお楽しみに。

 

 

aun-3.jpgaun-4.jpg

 

 

ぐっと秋が深まってきました。

今、家具屋校倉でそう思わせてくれるのは、気候・気温ばかりではありません。

10月31日(木)から開催する、スタジオあうん ステンドランプ展の作品の一部が

ちょっと早めに店内に灯されているからです。

 

s-DSC_0253.jpg

スタジオあうんさんは、村上孝さん・加代子さんご夫妻が伊豆高原に構える工房で

 

今年の5月、伊豆高原5月祭でその作品の魅力を知りラブコール。

今回ギャラリー展開催の運びとなりました。

 

寄木細工を取り入れたり、シリーズで製作している作品があったりとオリジナル性の高い

作品です。今回、森下木工所にもスタンド部分の製作依頼をいただきコラボ作品も数点。

 

s-DSC_0250.jpgs-DSC_0254.jpg

 

先取の秋の灯りを楽しみにご来店ください。

 

会期は 10月31日(木)~11月12日(火)(10:00~18:00 最終日15:00まで)

作家来場は 10/31(木)11/3(日)4(月・祝)9(土)10(日)12(火)

10:00~16:00

 

s-DSC_0256.jpg

 

 

月別 アーカイブ

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203