ショップ案内

古物・古道具・リメイク品 日々の暮らしの雑貨展

2018年9月6日(木)~18日(火)

長く使い込まれてきた道具や雑貨のもつ風合いは

すぐには作り出せないからこそ面白い

明治、大正、古くは江戸時代の

日々の雑貨、リメイク品、古物を校倉ギャラリーで販売しています。

《同時開催》古布のアクセサリーとバッグ展

《 出 品 者 》
ソルトバレー...リメイク品・古物・陶磁器など

麻璃裳(まりも)...古布のアクセサリーやバッグ・古物・陶磁器など

 

とおとなしく紹介してみましたが、搬入を終了した会場を見て「圧倒」されました。

商品数の多さ、展示のボリューム、この10年の展示で一番じゃないかな。

それに、時間といろいろな人の手を介してきたものが持つ「ちから」が、商品数にプラス

されているように感じます。

古たんす.jpgしおや.jpg

 

ともかく見る価値ありです。

 

まりもアクセサリー.jpgまりも骨董器.jpg

 

今日の家具屋校倉はスパイスの香り漂う一日。

磐田市のいわたドリーム(天然ゴムの寝具ラテックス)の

アーナンダ社長さんが本場のスリランカカレーをみんなにふるまってくれました。

「スリランカカレーパーティーに来ない?」

と声をかけたのは校倉のお客様、ご近所さん、ギャラリーの作家さん、音楽会の関係者などなど。

10時前に調理開始。11時半にみなさんが集まるので急ピッチ。テーブルの準備も並行で急ピッチ。

それでもアーナンダ社長さんの手際のよさと、磐田ドリームの大石さんのサポートありで、チキンカレー、エビカレー、豆カレー、ジャガイモスパイス炒め、

それにシンプルサラダ、スリランカ版オムレツと、よくこの1時間半でできたと思う料理が

テーブルに並びました。

 

ナン.jpg↑来てくれた方にもナンを伸ばしてもらっています。焼くのも協力してもらいました

 

 

カレー.jpg

テーブルを囲んだのは、たぶん・・・30名になったと思います。

集合写真.jpg

 

 

IMG_5148.jpgIMG_5153.jpgIMG_5156.jpg↑アーナンダ社長 スリランカから各国をめぐり日本在住は30年を超える。
日本語・遠州弁もぺらぺら

 

参加したかったけれど用事があってこられない職人数人に

カレーが残ったら、月曜日のお昼にでもたべたーい。と熱烈に言われていましたが

残念ながらその分はございませんでした。

 

アーナンダ社長さん、大石さん、集まってくださった皆さん、楽しい時間でしたね。

ありがとうございました。

 

職人の写真。

 

横顔や背中もよいものです。これも個人的な好みもありますけれど。

 

IMG_5050.jpgIMG_5056.jpg

今、森下木工所・家具屋校倉の家具職人は、木地を造る職人と塗装の職人とで合計7名です。

 

それぞれに魅力的な面があり、多少個人的な好みも含みますが「そうそうこの感じが良いんだよな」という瞬間があります。

写真は会社にいるものどうしで撮影すると、撮るほうは遠慮があったり、撮られる側は緊張やら恥ずかしかったりで、あまり良い写真が撮れません。

外部の方だと思いがけない角度で、緊張感のある表情をとらえてくれます。

この写真もその一部。

 

IMG_5122-thumb-600x399-1257.jpgIMG_5083-thumb-600x399-1260.jpg

 

人だけではないですね、工場をこの角度から見たことない(撮ってみようと思ったことない)という構図もでてきます。新鮮です。
IMG_5112.jpgIMG_5069.jpg

撮影:石曾根昭仁氏

 

 

 

7/19(木)から8/7(火)3週間開催の 砥部のうつわもぐらの窯展。

もぐらの窯は愛媛県砥部町の小高い丘の上にある登り窯です。 1998年くらいに数名の有志の手作りで建てられました。 現在は実際に建造したメンバーから代替わりして5人のメンバーで運営しています。

 

mogurahp.jpg登り窯.jpg登り窯2.jpg

 

 

その中から 池本惣一さん・佐々木智也さん・二宮亮太さんのうつわを

展示していただきます。

作品を早めに送って下さったので、今日7/14展示しました。ちょっとフライング??

この連休中も展示販売いたしますのでどうぞお出掛けを。

 

もぐらの窯展.jpgもぐらの窯展2.jpg

 

 



日本人の民族色ともいえる藍色。誠実に藍と向き合う櫻井茂雄さん(焼津市)の作品展を

今年も家具屋校倉で開催しています。 
暖簾・テーブルセンター・ストール・手提げなど「本物の藍」をご高覧ください。

 

ギャラリー展示を始めて10年目。

櫻井さんには初年からお世話になり第10回目を迎えました。

初めて藍一色のこの空間に立った時の「ぞくぞく」した感じ、忘れられません。

ことしはのれんや飾布が充実した作品展となっています。

IMG_4804.jpg

IMG_4805.jpg

櫻井さんの暖簾やポーチ、手提げなどのお仕立ては奥様のお仕事。染に負けないぴっちりしたお仕立てです。バックインバックに便利なポーチ。使い勝手のよさ!アイディアも素晴らしい。

IMG_4810.jpgIMG_4809.jpg

 

今回のタイトル”まってました”は展示会を楽しみにしてくださる

お客様だけでなく、作家の萩原礼子さんの気持ちを表しています。

清々とした思いで造りした人形たちは、萩原さんらしい、どっしりとした

大きな(ふくよかな)作品・・・これど「まってました」というかんじ!

 

IMG_4778.jpgIMG_4785.jpg↑てのひら・腕いっぱいに抱えたたからもの

↓「読んであげるネ」 女の子の真剣な眼IMG_4789.jpg↓シャボン玉上手にふけるかなIMG_4777.jpg

手のひらにのるくらいの童たちはもう可愛くてたまりません。

 

 

IMG_4780.jpg

 

神話の神様や子供の生き生きとした表情は実際に見ないと。

家具屋校倉の萩原礼子陶人形展にぜひおでかけください。5月29日(火)まで

5月12日、家具屋校倉中島本店の2階では「インド音楽の夕べ」を開催。

インドの弦楽器「シタール」「タンブーラ」、打楽器「タブラー」の奏者をお迎えしての

音楽会でした。

 

IMGP9772z.jpg

 

伊藤公郎さん(シタール・右)タンブーラ(伊藤美郷さん・中央)タブラー(吉田元さん・左)

掛け合いで奏でる北インドの音楽。16世紀後半に原型が出来あがったと伝えられています。即興性もあってライブ感が高く、楽器のお話などを交えながら2時間程を皆さまに過ごしていただきました。

 

伊藤公朗氏

愛媛県の禅寺に生まれた伊藤公朗氏は、1977年ガンジス河上流の寺院に弟子入りし、シタールを携えてインド各地を巡礼する。

1985年帰国後、ヒマラヤの聖者ナーダヨギの外国人唯一の弟子として日本各地で活動。伊勢神宮内宮第4回神宮文化芸能奉納祭(2001年)など、

全国各地で演奏活動を行っている。山梨県在住。

 

 

IMGP9756z.jpgIMGP9808z.jpgIMGP9791z.jpgIMGP9831z.jpg打楽器のタブラーはたたき方の組み合わせで様々な音(音域も含め)が出てその多様性は打楽器の中でも上位。楽譜がないタブラーは音を言葉で表し、伝えられているそう。

 

昨年秋、森下木工所の椅子担当の職人 松本さんに、椅子の試作品の依頼が来ました。

OFFICE DECOの白井さんは、着物帯を椅子の張地に使い、インテリアや思い出の品として

のこそうという事業を始めたいと、ご相談に来社されました。

着なくなった着物のリメイクや、ご両親の遺した着物のお手入れやリメイクは盛んですが

帯の利用方法って少ないそうで、確かにタペストリーやランナーなど思いつくのは限られます。

 

白井さんは、日常的に座る椅子というよりも置いて楽しむインテリアとしての帯チェアをと

アイディアを持っていました。帯が活きる椅子のデザイン、塗装色、椅子の座面幅と帯幅の差をどうしたらよいか、柄粋をどのように使用するかなどいろいろ課題をクリア。

試作1台目、そしてもう1台と完成していきます。IMG_4724.jpg

 

今日は写真を撮らせていただきました。(写真を撮っている白井さんの後ろから・・・)

帯によっ印象がちがいますが、これは大きな亀甲柄でインパクトがあります。

IMG_4728.jpg

お客様からのご依頼も近いうちに実現できそうですね。私達も楽しみです。

 

椅子の製作:松本 巧

椅子生地張り:村松椅子店(藤枝市)

4月21日(土)22日(日)の2日間にわたり、家具屋校倉で日本茶インストラクターによる

お茶ミニ講座「お茶をたのしむ憩いの時間」を開催しました。

新茶の収穫時期も早く(期間も短いそうです)新茶もいただいました。

 

インストラクターは増井良夫さん。静岡のお茶市場 静岡茶市場の前社長さんで

豊富な知識と経験で、お茶のことなら何でも教えてくれます。お話しをしながらいろいろな

お茶の入れ方、楽しみ方を教えていただきましたよ。

 

①ミント入りウェルカムティー

②良いお茶を水だしで

③お茶がらって食べたら美味しい?

④⑤温度のちがいで味はどんな変化をするの?

⑥今年の新茶をいただきましょう

 

IMG_4717.jpg

 

このなかで②のお茶の味が驚き。森内農園さんのお煎茶に常温の水を浸る程度にいれて

ちょっとずついただきました。お茶のうまみ成分エキス!私には昆布だしにしか思えません。

 

静岡県のお茶消費量は全国の2倍

自信をもって静岡県人のお茶好きを言いたいところですが、世代の偏りがあります。日本茶以外の嗜好品がどんどん増えているのですから、水分摂取の争奪戦は結構激しいのかも(人間が必要な一日2リットルの水分を何で摂取してもらうか、という話しが興味深かった。)

 

 

 

 

 

 

 

 

ひだりから

・深蒸煎茶・・・蒸しの時間が長く、見た目は葉が小さい

・煎茶・・・増井さんお勧めの森内農園の煎茶

・玉露・・・遮光して育てたもの。日に当たらない分色が濃く味がまろやか

・碾茶・・・茶道の抹茶用のお茶。撚りをかけていない

・秋冬碾茶・・・抹茶のお菓子、工業用に使われる晩秋にとる碾茶(ハーゲンダッツアイスクリームはこの工業用ではなく、上質な碾茶を使用し続けているそうです)

・抹茶・・・碾茶をひいたもの

 

IMG_4720.jpg

 

 

水だしは苦みがでないので子供も飲みやすい。特にほうじ茶はお勧め(左前)

 

IMG_4721.jpg

増井さんにお話しいただいたこと、ここだけでは全然書きれません。ごめんなさい。

 

 

↓この講座を企画した時にお茶に関する資料をさがしました。その時に出会ったサイト。

「お茶を淹れようプロジェクト」

きゅうすくんの可愛らしさに、なんども再生してしまいました

http://www.welcomecha.jp/

月別 アーカイブ

「家具屋 校倉 本店」
〒422-8046 静岡県静岡市中島2811
TEL 054「286」3203